このサイトでは、管理人であるままくまが、日常で起こった出来事をもとに、 皆さんに役立つ(?)であろう出来事をゆるっと発信していきます。

Cocoon*テンプレートの使い方/再利用ブロックも紹介

ブログ

繰り返し使う文言を毎回打つのはめんどくさい

簡単に設定できる良い方法はないのかな?

ブログを書くときって、毎回同じような流れになりませんか?

「この文章毎回使うけど、いつも打つのはすごく面倒だな」と思うことも多いと思います。

Cocoonでは、そんな方に向けた「テンプレート(定型文)」という機能があります。

今回は、Cocoonの「テンプレート(定型文)」についてと、テンプレートと似たような機能である「再利用ブロック」について紹介します。

この記事を読めば、ブログ執筆の作業効率がぐっと上がりますよ。

特に再利用ブロックはとても便利だから覚えておくといいよ!

この記事でわかること
  • Cocoonのテンプレート(定型文)の使い方
  • 再利用ブロックの使い方

テンプレート(定型文)の登録方法

テンプレート(定型文)を使うには、まず、テンプレート化したいテキストの登録が必要になります。

作成したテンプレートはショートコード化されるので、登録した文章は記事執筆時に自由に改変できないことに注意してください。

テキストのテンプレート化
  • 1
    Cocoon設定のテンプレートを選択
  • 2
    新規追加を選択すると編集画面に移る
  • 3
    タイトルと内容を入力

    今回は、吹き出しをテンプレート化してみます。

    ①タイトル
    自分が分かりやすいように付けると良いです。

    ただ、管理画面は入力したタイトル順に並び替えされるので注意しましょう。

    ②内容
    記事執筆時と入力方法は変わりません。編集画面はクラシックエディタ仕様です(「スタイル」で装飾を選ぶことが出来ます)。

    今回は吹き出しなので、『吹き出し』から任意のものを選び、設定していきます。

    吹き出しを選択
    任意の吹き出しを選ぶ

    ※タブ見出しボックスなどのCocoon汎用ボックスは対応していないようです。

    内容の編集はクラシックエディタ仕様だから、ブロックエディターしか知らない人は戸惑うかもしれないね

  • 4
    内容を入力したら保存する

    「エディターのリストに表示」にチェックが入っているのを確認して保存しましょう。

    ※チェックが入っていると、記事執筆時にすぐテンプレートを呼び出すことができます。

これでテンプレートが登録されました。

テンプレート(定型文)の使い方

使い方は簡単で、リストのテンプレートから任意のものを呼び出すだけです。

テンプレートマークをクリックして保存したテンプレートを選択
テンプレートのショートコードが入力される

「エディターのリストに表示」にチェックを入れなかったものは、テンプレートページのショートコードをコピー&ペーストすれば使うことが出来ます。

ショートコードをコピペすれば使える

テンプレートを改変できる「再利用ブロック」

先ほどの方法では、テンプレートがショートコード化されるため、記事執筆時に改変できません。

そこで便利なのが「再利用ブロック」。再利用ブロックでテンプレートを登録すると改変することができます。

また、先ほどは対応していなかったタブ見出しボックスなどのCocoon汎用ボックスも設定できます

テンプレート(定型文)…テキストのテンプレート化

再利用ブロック…ブロックのテンプレート化

というイメージかな?

ちなみに再利用ブロックはワードプレス既存の機能なので、Cocoonテーマではない人でも利用できますよ

再利用ブロックでのテンプレート化
  • 1
    登録したいブロックを作る

    今回はこの記事の冒頭でも出てきた「この記事でわかること」というタブを登録してみます。

  • 2
    作ったブロックを再利用ブロックに追加する

    作ったブロックの「…」をクリックして、

    「再利用ブロックに追加」を選択

    自分が分かりやすい名前を付けて保存する

再利用ブロックの使い方
  • 再利用ブロックを呼び出す

    ブロック追加の欄に「再利用可能」という欄があるので、そこをクリックすると保存したブロックが表示される。

  • 2
    通常のブロックに戻す

    保存したブロックをクリックすると記事に追加される。

    追加されたら、「通常のブロックに変換」を選択して変換する。

    ※この作業をしないと、再利用ブロックの内容を編集・保存しても、保存が反映されないので必ず変換しましょう。

  • 3
    編集する

    あとは通常通り編集します。

再利用ブロックの詳しい使い方や注意点については、りりまんさんの記事をご覧ください。

とっても丁寧に書かれているから合わせてチェックしよう!

まとめ

今回はCocoonのテンプレートと再利用ブロックについて説明しました。

Cocoonのテンプレートの内容に関してはわいひらさんの記事を参考にしています。

テンプレート文(定型文)を登録して使い回す方法
テーマ内に定型文を登録してショートコードで何度でも使い回す方法です。

この2つの機能を知っておくと、ブログ執筆効率が飛躍的にアップします。

Cocoonテーマで便利な『汎用ボックス』を自分仕様に編集し、再利用ブロックに登録することで、自分オリジナルのブロックを作成できてさらに便利になります。

皆さんもぜひ活用してみてくださいね。

それではまた~

コメント