このサイトでは、管理人であるままくまが、日常で起こった出来事をもとに、 皆さんに役立つ(?)であろう出来事をゆるっと発信していきます。

【コストコと違う?】リンツの三井アウトレット店舗で購入できるリンドールの種類とは

食べ物・お菓子

先日の記事で、コストコのリンドールチョコレートをとりあげました。

※読んでいない方はこちらから

その下調べの際、リンツのリンドールチョコレートにはたくさんの種類があることが発覚!

中には味の想像ができない名前のものも!
 

ままくま
ままくま

ファッジスワール!?なんそれ!

食べてみたい!!

というわけで、自宅から一番近いリンツのアウトレット店舗に行ってきました!

今回は、アウトレットで買えるリンツチョコレートについて書いていきたいと思います。

この記事でわかること
  • リンドールの種類は何があるか
  • アウトレットではどの種類が買えるのか
  • アーモンドフレーバーはどんな味?
スポンサーリンク

リンドールの種類

店舗では、常時26〜30種類のリンドールフレーバーが販売されています。

また、味によって原産国が異なります。

公式HPによると…
  • キャラメル、マンゴー&クリーム、ストラッチアテラ…スイス
  • バターピーカン、ファッジスワール、シーソルト…アメリカ
  • その他…イタリア

が原産国となっています。(違う場合もあるようです)

※公式HPはこちら https://www.lindt.jp/s/lindor/sp/pickandmix/

ままくま
ままくま

たくさんあるけど、アウトレットに全ての商品は揃っているのかな?

リンツのアウトレット店舗

アウトレット店舗なので、

  • 少し前の季節もの
  • 賞味期限の近いもの

などが売られています。

ままくま
ままくま

私が買いに行ったGW時期は、イースター商品が割引されていました。

また、Pick&Mixという計り売りブースは常設されており、100gごとに5%引き、最大25%引き(500g以上)で購入できます。
※購入は100g以上からです。

どのリンドールが売られていたか

今回は、Pick&Mixにある商品のみを確認しました。

結論から言うと、全てのリンドールのフレーバーは置いてありませんでした

残念…

私が行った店舗では以下のフレーバーが売られていました。

リンドールは、

ミルク、ダーク、ホワイト、キャラメル、60%カカオ、オレンジ、ドルセ・デ・レチェ、ピスタチオ、抹茶、ミルク&ホワイト、アーモンド、シトラス、カプチーノ、ファッジスワール、リンドールハート(期間限定)

その他

ナポリタンミルク、ナポリタンダーク、リンツコイン
※リンツコインはHP未記載です

今回の購入品

今回の購入品はこちら。

  • カプチーノ
  • 60%ダーク
  • アーモンド
  • ピスタチオ
  • ドルセ・デ・レチェ
  • ファッジスワール
  • ナポリタンミルク
  • ナポリタンダーク
  • リンツコイン

リンドール6種7粒とその他3種、全10個を購入しました。総重量109gでした。

ままくま
ままくま

リンドールは一粒12〜13gだから、100g買うとすると7~8個選べるよ。

その他3つはリンドールより軽いから、今回は10個買えたよ!個数を稼ぐならその他3つをたくさん買うといいね

金額

通常は100gで781円なので、109gだと851円です。

ですが、アウトレット店舗では、100g以上は5%引きなので、お値段は808円でした。

賞味期限

5月6日購入時の賞味期限は7月31日でした。3ヶ月弱持ちます。

アウトレット品でもなかなか持つんだね〜!

実食レポート

まずはリンドールです。

ピスタチオ

ホワイトチョコのなかに、ピスタチオのペーストが練り込まれているそうです。

ピスタチオ感はあるけど、ホワイトチョコの甘みが強めにくるので、ほんのりピスタチオ、という印象でした。

そんなに癖もなくて美味しい。

ドルセ・デ・レチェ

ホワイトフィリングにドルセ・デ・レチェが溶け込んでいるそうです。

ドルセ・デ・レチェとは、いわゆるキャラメルのことで、アルゼンチンなどの伝統的な糖菓だそうです。

ホワイトチョコが強めだけど、キャラメルの香ばしさも感じられました。

少し甘すぎかな。でも美味しいです。

ファッジ スワール

ファッジのようなミルキー感が味わえるそうです。

ファッジとは、イギリスの伝統菓子だそうです。

見た目はキャラメルのようだけど、ものすごく甘く、ほろほろと溶けるキャンディなんだとか。

映画ハリー◯ッターにも出てきたそうな。
 

ままくま
ままくま

日本で言う落雁みたいな感じなのかなぁ。(違うか)

ホワイトチョコの甘い中にほんのりビターな風味。ホワイトチョコが甘いから、キャラメルがビターに感じたのかな?

噛んでいくとミルクチョコが最後に残るので、ホワイトチョコ単体のものよりは甘さ控えめな印象でした。美味しい。

カプチーノ

シェルにはコーヒーの細かい顆粒が練り込まれており、中はコーヒー風味のミルクチョコフィリングだそうです。

食べた感じはミルクラテっぽいです。シェルもフィリングもコーヒーの感じはありますが、とても甘いです。

ですが、コーヒー顆粒を噛むと苦味を感じるので、後味はくどくありません

食べた中で一番好きなフレーバーでした!

アーモンド

このフレーバーが衝撃でした…。

アーモンドだと思って食べたら大間違い!お酒のような、杏仁豆腐のような…

お酒入ってるか思わず確認した!!笑

調べてみると、イタリアのお酒・アマレットをイメージさせる風味だそうです。

アマレット(Amaretto)とは、アーモンドのような香りを持つリキュール。

香りがアーモンドに似ているため、原料の中に必ずアーモンドが入っているものと思われがちだが、実際は杏仁(杏仁豆腐などにも使われるアンズの核)を使用しているものが主流。

Amarettoとはイタリア語で「すこし苦いもの」という意味。

アマレット – Wikipedia

好みが分かれる味です。私は嫌い(バッサリ)。

60パーセント

程よくビターで美味しいです。

個人的に好きなカカオの割合のチョコレートだったから間違いなく美味しいと確信していました 笑。


その他3つの感想もさくっと紹介します。

リンツ コイン

高品質なミルクチョコでできた、リンツのロゴ入りコイン型チョコ。

あまーいミルクチョコでした。リンドールのミルクより甘い感じがしました。

ナポリタンダーク

食べやすいマイルドなビター感だそうです。

フィルムはリンツの最も古いパッケージデザインなんだそう。

確かにビター感はあるけどとても甘いです。

例えるなら、ガー◯のブラックぐらいでしょうか。(よく食べるんです)

ナポリタンミルク

ミルク感たっぷりの最もスタンダードなミルクチョコレートだそう。

コインほど甘くなかったです。リンドールのミルクと同じ…かな?多分。

まとめ

今回は、アウトレットで買えるリンツの商品を紹介しました。

リンツは、変わった味がたくさんあって楽しいですね!

アーモンドの衝撃は忘れない…

ほんとはストラッチアテラとか塩系が食べたかったんですよね…売ってなかった…。

いつか店舗に行ぞ!!という決意をしたままくまなのでした 笑。

ではまた〜

コメント